私たちについて

私たちについて

UPDATE JAPAN.新しい時代の弁護士像を確立し、
日本のアップデートに貢献する

「弁護士法人東京スタートアップ法律事務所(略称「TSL」)は、この国のアップデートに貢献するために設立されました。コロナ禍を経験した我々は、大変化の真っ只中にいます。そうした中、法律家の役割とは何でしょうか。それは、ビジョンを持った起業家に「寄り添う」ことだと考えています。新しい世の中を作っていく、世の中を変えていくのは起業家です。TSLは、起業家のビジョンに共感し、法の知識とロジックを駆使して起業家の事業を後押しする存在でありたいと考えています。」

ph

なぜUPDATE JAPANなのか

TSLが掲げる「UPDATE JAPAN」とは、グレーゾーンを進むクライアントを後押しすることで、この国のアップデートに貢献していこうとするチャレンジです。

産業構造の変化が激しい現在、事業の先行きなど誰も正確には測れません。
また、同じく産業構造の変化に伴って、その事業が法律的に「グレー」であるということは起こり得ます。

実際、私たち法律家が事業の法令の適合性を判断しようとした際、「グレー」と言わざるを得ない局面は多数発生しています。その事業は合法かもしれないし、違法かもしれないのです。

そんな時、「NO」と言うだけが法律家の役割であるとしたら、私たちは法律家でいたいと思いません。
私たちは、起業家のビジョンに共感し、その意思決定を尊重する法律家でありたい。私たちが持っている法律の知識や論理的思考力を、起業家のビジョン実現のために使いたいのです。

すなわち、私たちは、ビジネスの法令適合性を担保する法的意見や契約スキームの構築、場合によってはロビイングや国家権力を相手取った訴訟などを通じて、クライアントの事業の推進を後押したいと考えています。

「UPDATE JAPAN」には、起業家と共にリスクテイクをする法律家でありたい、それによってこの国のアップデートに貢献したいという願いが込められています。

一緒に日本をUPDATE
していける仲間を募集中

私たちは一つの目標に向かって突き進む「チーム」のような雰囲気で仕事をしています。
法務の経験は問いませんので、当事者意識があり、自分の頭で考え、考えたことを実行に移せる人に来てもらいたいと思っています。

RECRUIT SITE

代表あいさつ

ph

「何のために『UPDATE JAPAN』を掲げて法律事務所を経営しているのか?」と問われると、私の答えは単純で「楽しむため」と答えます。

人生における「成功」や「失敗」という概念は相対的で主観的です。これらをわかりやすい尺度で定義することはできません。であれば、私たちのできることはそれぞれの人生を「楽しむ」ことに尽きるのではないでしょうか。

クライアントの皆さんには、今取り組んでいることを心から楽しんでほしいと考えています。私たちのリーガルサービスが、そのための一助となればとても嬉しいです。

代表弁護士:中川浩秀の詳細はこちら

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。受付はメールで行っております。
下記ボタンより必要事項をご入力の上、送信してください。

CONTACT