ABOUT US私たちについて

私たちの考え

ph

私たちTSLは、当事務所で働く人たちが日本で一番やりがいを感じられる
法律事務所でありたいと考え、試行錯誤を重ねています。

私たちは、2018年9月に開設された比較的新しい法律事務所です。 これまで多くのクライアント及びメンバーに恵まれ、所員数50名以上かつ全国9拠点以上という現在の規模まで事務所を拡大してきました。

当事務所は、その重要な理念の一つとして「For Client」を掲げています。 我々は、クライアントからの依頼を受けてクライアントのために仕事をするので、「For Client」、すなわち「クライアントを大切にしよう」というのは、ある意味当然の帰結と言えます。

ただし、クライアントを大切にしようとしたときに、もう一つ、忘れてはならない重要なことがあります。 それは、クライアントへのサービス提供者である当事務所のメンバーを大切にするということです。クライアントに充実したリーガルサービスを届けるためには、そこで働くメンバーを大切にし、一人一人がやりがいや充実感を得られる組織にすることが不可欠です。

そのための試みを挙げると、まずTSLでは様々な案件やクライアントに接することによって、自身の中に実に多くの経験を蓄積することができます。それもある仕事を一人で完結するのではなく、同僚たちの力を借りつつ助け合い、学び合いながら進めていくことができます。

また各人の頑張りや成長が適正に評価され、事務所から支払われる対価に誠実に反映されます。さらには、リモートワークやITシステムの導入により、業界きっての自由かつフレキシブルな働き方を実現しています。 他にも様々な制度を用意していますが、これらはすべてTSLで働くメンバーのやりがいや充実感に資するものと考えています。

TSLは、当事務所で働く人たちが日本で一番やりがいを感じられる法律事務所でありたいと考え、試行錯誤を重ねているところです。

ph

代表メッセージ

ph

新しい時代の弁護士像を確立し、この国のアップデートに貢献する。

私は「Update Japan」(新しい時代の弁護士像を確立し、この国のアップデートに貢献する)というミッション(使命)を掲げてTSLを運営しています。TSLはそのミッションを達成するため、「For Client」というビジョン(価値観)を掲げています。

弁護士数の激増とインターネットの発達によって、弁護士及び法的情報へのアクセスが容易になり、AIがこれまでの弁護士業務の大部分を担うようになると言われるこの時代。私たちが世の中に提供する価値は変化していくべきです。 クライアントを自分の大切な人と同じように扱い、一人の人間として自分なりの意見を持ち、彼らの抱える問題に向けた提案を行う。そして彼らとの信頼関係を構築しながら、その問題を解決へと導くことができる弁護士が、これからの時代において最も必要とされると考えています。

このような弁護士こそが、私たちの価値観である「For Client」に適った弁護士像であり、新しい時代の弁護士像であると定義しています。

私はTSLの経営を通じて、そのような弁護士像をこの業界のスタンダードにし、問題を抱えた人たち一人一人を元気にし、結果としてこの国を元気にすることに貢献したいと考えています。

まだまだ道半ばで、山に例えると1合目にも来ていません。 TSLも私自身も、もっともっと成長しなければ目的地にたどり着くことはできません。 その過程で、たくさんの仲間に加わってほしいし、それぞれが夢や希望を持ちながら、一緒に目的地を目指してほしいと考えています。

「Update Japan」に向けた今後の長い道のりの中で、皆さんとご一緒できることを心より楽しみにしています。

UPDATEJAPAN.

新しい時代の弁護士像を確立し、
日本のアップデートに貢献する。

ENTRY