ph

INTERVIEW

弁護士としても社会人としても、
新しいチャレンジができそう。

2021年入所 林 洋輔YOSUKE HAYASHI 弁護士
弁護士

入所を決めたきっかけ

ph

分野の幅を増やしながら、マネジメントや事務所づくりにも挑戦できそう

私の場合、実はTSLとの出会いは新人時代の就職活動に遡ります。当時はスタートアップ支援を専門にやりたかったので別の事務所に就職することを選びましたが、ちょうど3年ほど勤めたとき、やりがいはあったもののもう少し分野の幅を増やしたいと思い転職を考えはじめました。たまたまその時、代表の中川と再会して話をすることがあり、スタートアップ支援を続けながら他の分野にも挑戦できる珍しい事務所ということで、まず転職軸が一致しました。マネジメントや事務所づくりへの意見を交わし、弁護士としても、そして社会人としても、TSLでなら新しいチャレンジができそうだと感じました。中川が私の話をフラットに聞いてくれたことも印象的でした。

TSLはどんな事務所?

ph

事務所自体がスタートアップ企業のような空気を持っている

一言で表すなら、色んな意味で成長中の事務所。クライアントとのコミュニケーションの取り方や事件の進め方、また内部的な仕組みや育成・研修、リモートワーク等の働き方についても、より良くしていくためにトライアンドエラーを繰り返しているところです。
あとは風通しが良いです。良いキャラクターの人が多く集まった事務所なので、コミュニケーションが取りやすく働きやすい。仕事のやり方には必要最低限のルールしかなく、基本的に柔軟で裁量がある環境です。事務所自体がスタートアップ企業のような空気を持っていて、自分でやり方を工夫して進めていけるので、私にはTSLの環境が合っていると感じます。

これからの挑戦

ph

働くメンバーの心地よさも担保しながら、事務所を作っていきたい

弁護士業をきちんとやっていくためには、クライアントの満足だけでなく、働くメンバーの心地よさも担保しながら売上を上げていくということが必要だと思っています。言葉で言うほど簡単なことではないですが、クライアントへのサービスも所内の環境づくりもないがしろにしない事務所を作っていきたいです。
また私は福岡支店から本店のチームをリモートでマネジメントしており、対面コミュニケーションができない中で、どうリアルタイムにメンバーをフォローしていくかということを常に考えています。リモートでやっているからこそ見えてきた部分もあるので、より良いマネジメント体制のための仕組みづくりにも挑戦したいですね。

ph

一緒に働きたいと考えている方へ。

私たちが採用において重視しているコミュニケーション能力は、話していて心地よいか、一緒に仕事をして楽しそうかということです。選考の中では逆にみなさんも、私たちに対してそう思えるかを見てください。面接では誠実に質問にお答えしますし、ぜひまずは応募してみてください。日々成長中の事務所です、一緒に挑戦していきましょう。

UP DATEJAPAN.

あなたの成長を後押しすることが
私たちのミッションです。

ENTRY