ph

INTERVIEW

挑戦を経て、どんどん経験値が
上がっていくのを感じる。

2021年入所 森 哲宏TETSUHIRO MORI 弁護士
弁護士

入所を決めたきっかけ

ph

経験を活かしながら、興味があったベンチャー企業法務に挑戦できる

祖父が起業していて中小規模の企業の経営というものが身近だったこともあり、ベンチャー企業法務に興味があったことが応募のきっかけでした。
また私は企業内弁護士の経験もあるのですが、コンプライアンス関係の部門で働いていたため、応募時にはTSLで扱うベンチャー企業法務の分野で価値発揮できるかは正直自信がない状態でした。中途入社だと何かしら即戦力になれる部分が必要だと思っていた中で、その前に勤めていた事務所で一般民事事件を幅広く取り扱っており、TSLでは一般民事事件も多いこともあったので自分の経験がそこで活かせそうな点は魅力でした。

TSLはどんな事務所?

ph

どんどん経験値が上がっていくのを現在進行形で感じる

みなさんの、自分で判断し、各々考えをもって仕事に向かっている姿に刺激を受けています。TSLは、ちゃんと細かく教えて欲しいという人よりも、自分で進めていきたい人が活躍しどんどん成長していける環境だと思います。重鎮みたいな人はおらず、フラットな人間関係なので、若手ものびのび働けます。
一方で、やったことのないこともまずは任せてもらえるがゆえの大変さは正直あります。ただ、初めて出会うケースに必死で対応していく中で、どんどん経験値が上がっていくのを現在進行形で感じることができています。

これからの挑戦

ph

イエス/ノーを答えるだけでなく、クライアントと同じ視野で議論できるように

しばらくはプレイヤーとしてのプロフェッショナル性を極めたいと思っています。経験を積んで、オーソドックスな法律相談には網羅的にお応えできるようになりたいです。新しいビジネスに出会ったときも「これはどうなんですか?」と聞かれたものにイエス/ノーを答えるだけでなく、クライアントと同じ視野で議論できるようになれたら。
また事務所の課題として企業法務分野のさらなる開拓というテーマがあるので、選ばれるのを待っているだけではなく、クライアントに「なぜTSLに依頼するのか」を提案していける存在になりたいです。現場で直接クライアントと接する自分の経験値を、しっかり事務所にフィードバックできればいいなと思います。

ph

一緒に働きたいと考えている方へ。

職場環境や人間関係に悩んでいる人、ぜひ一度TSLを見にきてください。一人一人とても親切でいい人が集まっていますし、職種や立場に関係なく自分の意見を言いやすい環境です。幅広い分野の取り扱いがあるので、経験者の方はきっと自分の経験を活かしていただけると思います。ご応募をお待ちしています。

UP DATEJAPAN.

あなたの成長を後押しすることが
私たちのミッションです。

ENTRY