ph

INTERVIEW

自分が未経験のことでも、
メンバーと一緒になって取り組む。

2021年入所 砂原 惣太郎SOTARO SUNAHARA 弁護士
弁護士

入所を決めたきっかけ

ph

互いの専門分野を活かして働き、刺激をもらえそうな環境だと思いました

代表弁護士の中川とはもともと知り合いで、ちょうど前職の事務所から転職を考えていたタイミングで声をかけられたのが入所のきっかけでした。TSLには当時から色んなバックグラウンドの弁護士が在籍していて、互いの専門分野を活かして働き、刺激をもらえそうな環境だと思っていました。スタートアップ・ベンチャー企業の支援はそれまで経験がなかったので、これも興味を持ったポイントです。また私の場合は大阪支店開設時における支店長というオファーポジションだったこともあり、一から支店を作り上げるという経験にもわくわくしましたね。

TSLはどんな事務所?

ph

色々な経験ができて、時代にマッチしようとしている事務所

案件の種類が豊富で、マネジメントにも関わることができ、色々な経験ができることは間違いないです。服装や勤務時間にそこまで縛りがなく、リモートワークも可能。堅苦しい雰囲気のようなものもありません。若手が多いこともあってか、変に気を遣う必要もなく、コミュニケーションが取りやすい職場だと感じています。
また案件管理や所内のチャットなど、ITツールを多く活用していて、法律事務所の中だとかなり時代にマッチしようとしているのではないでしょうか。DXにより所員にとって仕事がしやすい環境が実現できており、業務が効率化できるぶん、クライアントにより良いサービスを届けることに時間をかけることができています。

これからの挑戦

ph

組織が安定しながら、持続的に発展して行くことを目指す

上司として仕事をメンバーにただ振って行くのではなく、自分が未経験のことでもメンバーと一緒になって取り組んで行きたいと思っています。事務所は急成長していますが、自分達を頼って依頼してくださるクライアントに真摯に向き合っていくという仕事の一つ一つは、他の事務所となんら変わりありません。そんな中で、自分自身もまだまだ未熟だという実感があり、日々悩みながら仕事をしているので、研鑽したことがうまくメンバーにも還元できるようなチーム運営をしたいですね。大阪支店とチームを任される者として、組織が安定しながら持続的に発展して行くことを目指したいです。

ph

一緒に働きたいと考えている方へ。

互いに意識しあうことで「いい人たちに囲まれた環境」というのは生み出せるものだと思っています。分野や業務内容に目が向きがちかもしれませんが、仕事が長続きするかどうかはどんなメンバーと働けるのかも重要です。いい人たちに囲まれたなと思ってもらえる職場を目指しますので、ぜひTSLに来て、一緒に長く働きましょう。

UPDATEJAPAN.

新しい時代の弁護士像を確立し、
日本のアップデートに貢献する。

ENTRY