ph

INTERVIEW

なじみやすい環境で幅広い分野に挑戦、
自分の得意を探す

2022年入所 渡邊 泰士TAISHI WATANABE 弁護士
弁護士

入所を決めたきっかけ

ph

幅広い分野を経験できることと、新しくて自由な雰囲気

就職活動では、複数分野を取り扱っている事務所を探していました。幅広い分野を経験した上で自分が何が得意なのかを見定めたいと思っていたからです。企業でのインターンシップ経験があったことから、中でも企業法務には特に興味があり、TSLではこれから新しいことをやっていく人たちの伴走者として携われるベンチャー企業支援ができるところも魅力でした。また、新しい事務所で自由そうだなと思ったのもポイントです。比較的若手の弁護士が多くコミュニケーションが気兼ねなく取れそうだなと。一方で10年以上の経験がある先輩弁護士もいて、色々吸収させてもらえるという安心感もありました。
選考の時点で事務所の雰囲気が把握できたのもよかったです。面接では複数の先輩弁護士と一対一でじっくり話せます。志望動機やキャリアについてしっかり聞いてもらえるので、自分の中でも事務所選びの軸が整理できたと感じます。

TSLはどんな事務所?

ph

先輩から学べ、弁護士の総合的な能力が身に付く事務所

弁護士としての総合的な能力について教えてもらえる事務所です。事件をきちんと進めていくことはもちろん、集客や、受任の重要さも意識付けられる事務所だと思います。どの能力が将来どう活きてくるかは、どんなことに強みを持った弁護士になるかにもよるのでまだ分かりませんが、学びが多い環境だと思います。他の本支店の先輩弁護士の法律相談にオンラインで同席させてもらったり、拠点に捉われずに色んなケースを見せてもらうこともできます。
また、先輩たちのキャラクターしかり、内定者時代からのフォローしかり、事務所になじみやすい環境だと感じます。先輩弁護士には質問がしやすいですし、ときには雑談を挟みながら仕事をすることも。私は内定者のときから全体忘年会に呼んでもらったり、配属先支店に挨拶に行かせてもらうこともあり、人間関係を作るきっかけになりました。

これからの挑戦

ph

今できることを頑張り成長、自分に向いている分野を見つけたい

これから実務経験を積む中で、そのうち自分に向いている分野・向いていない分野というのが分かってくると思います。向いている分野の専門性を高め、「この分野なら渡邊」というのを将来獲得したいですね。
そのためにもまずは振られた仕事にしっかり取り組み、今できることを頑張っていきたいです。直近では、第三者でありながら「代理人」であるという立場の難しさを日々感じています。依頼者だけでなく、相手方ご本人や、ときには被害者の方と直接お話しすることもある仕事。それぞれの立場の方の気持ちに寄り添いつつ、伝えるべきことをしっかり伝えていけるコミュニケーション術や代理人としての心構えを身につけたいです。
今はまだたくさんの初めての業務に囲まれて「非日常」を感じることが多いのですが、ささいなところで処理スピードを速められたり、新しい仕事をまかせてもらえたり、やりがいを積み重ねて成長していきたいです。

ph

一緒に働きたいと考えている方へ。

色々なことに挑戦してみたい人には、良い環境だと思います。自分の気持ち次第で分野も広げられ、専門性も磨ける事務所です。私は色んなキャラクターの先輩や同期に囲まれ、自由な環境で楽しく働けていると感じています。興味を持たれた方は、ぜひ応募してみてください。

UPDATEJAPAN.

新しい時代の弁護士像を確立し、
日本のアップデートに貢献する。

ENTRY