ph

INTERVIEW

この先自分がどのように変化しても、
ずっと自分らしくいられる事務所。

2022年入所 吉田 有美香YUMIKA YOSHIDA 弁護士
弁護士

入所を決めたきっかけ

ph

事務所探しから最終面接までで感じた、他とは違ったTSLのおもしろさ

もともとベンチャー法務に興味があったので、就職活動では企業法務を取り扱っている事務所を探していました。色々な事務所を見ていく中でTSLに対してまず感じたのは、他とはかなり雰囲気が違うぞということ。Webサイトしかり、選考を受けてみるとまず日程調整等のレスポンスがとても速い。事務所自体がスピード感ある組織なんだと感じました。面接をしてくれた先輩弁護士も全員いい意味で「普通の人」で、面接というのを忘れるほどフラットに会話できたことが印象的でした。最終面接で話した代表の中川からは、ベンチャー企業の社長かと思うくらい熱くビジョンを伝えられ、TSLってとてもおもしろい事務所だなと。
女性の弁護士が多く在籍しているのも私にとってはいいなと思ったポイントです。これから出産などのライフイベントも経験しながら働くにあたり、理解が得られやすい環境なのではないかと安心感がありました。

TSLはどんな事務所?

ph

「自由」という言葉通りで、ずっと自分らしくいられる事務所

私にとってTSLは、自己実現ができる、「自由」という言葉の通りの事務所です。
チーム長との1on1があり、一人一人の希望を事務所全体で共有してくれる体制があるので、やりたいと伝えた仕事はどんどんやらせてもらえます。任されるのは大変なこともありますが「それもまた楽しい!」と思える自分のようなタイプにはとてもいい環境です。働き方も自由度が高いと感じます。ITツールを活用した働き方が根付いている組織なので、リモートワークがとてもしやすいです。
また私は弁護士会の宇宙部会に所属しているのですが、そういった所外の活動にも自由に取り組める雰囲気があります。各々の興味関心が尊重され、他人の行動や思想にとやかく言う人はいません。自分がこの先どういう価値観をもって、どういうライフスタイルを望むように変化していくかわかりませんが、TSLならずっと自分らしくいられそうだと感じています。

これからの挑戦

ph

依頼者と向き合う日々の挑戦を積み重ね、大きくなるTSLの中枢人物になっていきたい

入所して3ヶ月、やることなすこと初めてで分からないことだらけですが、依頼者からすればそんなことは関係ありません。法的手続きも、一人ひとりの依頼者と向き合っていくことも、日々がすべて挑戦です。頼ったら先輩弁護士が必ず応えてくれるという安心感もある中で、挑戦する場を与えてもらえているのはありがたいと感じています。
また数年後、TSLがもっと大きくなっているだろうというのは、中にいてひしひしと感じています。せっかく設立間もないこの時期に入所できたので、そのとき自分が事務所の中枢にいられる人間になっていたいです。得意分野がある弁護士になっていたいですし、私自身に仕事が来るような存在になれたら嬉しい。あとは、そのときも自分らしさを出してのびのび働いていたいですね。

ph

一緒に働きたいと考えている方へ。

TSLは「挑戦」や「新しいこと」を楽しいと思える人にはとてもマッチした事務所です。就職活動はまさにマッチング。TSLの面接ではしっかり時間をとって先輩弁護士と話せるので、たくさん質問して自分にマッチした事務所かを確かめてください。今この採用サイトを見て惹かれるものを感じたなら、ぜひ応募してみてください。

UPDATEJAPAN.

新しい時代の弁護士像を確立し、
日本のアップデートに貢献する。

ENTRY